メールの返信時期で変わる相手への気持ち

Posted by dmz2i8 | メールでの話 | 月曜日 27 6月 2016 10:02 AM

一緒に出かけたい、食事でもしたいといったメールが送られてくると好意がある人からのメールであれば嬉しいものですよね。
でも、実際にお誘いのメールがきたのは大分月日が経ってから…。

約束をしてから随分間があったのにもかかわらず、それには一切触れてくるようなことはなく軽い感じでデートであったり食事をいつにしようか、といったメールが不意に送られてくることもあるでしょう。

忘れられてしまっていたと思えば不意に送られてきたメールにそういえばそんなこともいっていたっけ…と思いだす人もいるかもしれませんね。

忘れかけていた頃にお誘いがあったからこそ惹かれるということもあるかもしれませんが、今更何を言っているんだか…と呆れてしまうという人もいるでしょう。

当然、人それぞれに予定というものもありますし、いろいろな生活というものをおくっているものですからすぐに食事やデートといったものができるとはかぎりませんが、それでも約束をしてくれるのであれば少しでも早いほうが嬉しいと思うのは女性ならではの考え方ではないでしょうか。

月日が経ってからメールを送られても何の話だったっけ?ということにもなりかねませんしね。

メールは気軽な通信手段の一つになっているかもしれませんが、ついつい連絡が怠ってしまうということもあるかもしれません。
それだけは気を付けていきたいものかもしれませんね。忘れられないようにしましょう。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。